The power of flowers (お花の力)

昨夜、寝る前に主人と大喧嘩をしました。
ヨガを始めて早何年?まだまだ修行不足です。。。 
私は怒って寝室のBEDからリビングのSOFAに移って寝る程(お迎えが来るまでの約3分間ですが。。。)
(※これを日本語では「ふて寝」と言います。。。※今日のNEW WORD 「FUTENE」※)
あんなに真剣に言い合ったのは、結婚式の準備の時以来?!と言うほど久しぶりでした 
もう細かい内容は忘れてしまいましたが、(そんなもんですよね。。。)結婚式の準備を2人でしている
うちに、アメリカの文化と日本の文化がぶつかり合ってしまいました
夜中3時ごろだったでしょうか、「実家に帰らせて頂きます。」と言って(←これ、一度は使ってみたい台詞だったんです。アメリカ人の主人には理解できたか謎ですが。。。)
車でブ~ンと一緒に住んでいたアパートから実家に帰ってしまいました
お互い大切なパートナーだからこそ、もっともっと、そこんとこ分かって欲しい
って、思ってしまうことから、喧嘩はスタートします
夫婦なら、誰だって喧嘩しますよねー?! 「喧嘩する程仲が良い」とは良く言ったものです
でも、そもそも性別も違うし、育った環境も違います。そして、そもそも、そもそも、そもそもですよ!?
違う人間です。
そして国際結婚ともなれば、文化、習慣が違います。
自分のことを100%分かって欲しいなんて、無理だし、自分のエゴなのかもしれません。
原因は言葉足らずだったり、それによる誤解だったり。。。
そして相手のことを理解しているつもりでも、やっぱり分からないこともあります。
だから一緒にいて面白いし、楽しいんですけどね☆

昔読んだ本「ありがとうの法則」を思い出さないと!!!
「ありがとう」という言葉は、やっぱり魔法の言葉ですね。言っても言われても嬉しい言葉。
「ありがとう」は言い過ぎることはないそうです。

そして、喧嘩の後はいつも反省、そしてもっともっと仲良くなります
今日は主人より先に仕事から家に戻りました。
そしたら、玄関にとってもキレイなお花が飾られていて、主人からのメッセージが置いてありました。

アメリカの文化の中で、一番好きなのは、このお花を贈る習慣です

今、奥さんと喧嘩をしている男性の方、奥さんにお花の贈り物をしてみて下さい。
きっと、奥さんは優しい笑顔に戻りますよ☆お花を贈られたら、女性は本当に心がキューんとなって嬉しくなります。キレイなお花には、心もキレイにする不思議な力があると信じています。

玄関に置いている我が家の仏様「Meditating Frog」の横に、飾りました
sweet honey 017

Comments

No title

メッセージとお花なんてすぅぃーとなだんな様でしょう♪
そうですね、お花は心をやさしくきれいにしてくれる不思議な力がありますよね~。私もお花を贈る習慣とっても好きです。でも、そういえばここ最近ぜんぜんお花を贈ってもらってないことに気がつきました。
Hatsumiさんがうらやましいわぁ~。笑)
Post a comment
Only the blog author may view the comment.