Prenatal Yoga Class(マタニティヨガ)

私がとても幸せを感じる時間その1は、PrenatalYoga(マタニティヨガ)のクラスを教えている時です。妊婦さんのあのPeasefullな雰囲気、オーラには毎回私の方が癒されています。
毎週月曜日と水曜日にEast53WellnessStudioでマタニティのクラスを教えています
マタニティヨガは、ママにも赤ちゃんにもとっても良い効果があると言われています。
妊娠中、女性の身体はホルモンの影響でとてもダイナミックに変化すると同時に、精神的に気分も落ち込みやすく不安になったり、またハイになったりする時期です。その気分の浮き沈みを落ち着かせ、コントロールするのは、ヨガが一番得意としていることです。

またお腹がおおきくなるにつれて、身体の色んな部位が圧迫され、血液やリンパの流れが滞りやすくなります。マタニティヨガで気持ちよく身体を動かすことで血行を良くし、妊婦さん特有の身体のむくみ、足のつり、静脈瘤、腰痛、他様々な不調を軽減することができます。出産時に大きく広がる骨盤底筋群を鍛えるポーズも行うため、出産がよりスムーズになったり、また産後の回復もより早くなるという効果もあります。そして適度に身体を動かすため、体重の増えすぎも防いでくれます。

そして、Pranayama(呼吸法)の練習を通して、自分の内側に意識を向けることを自然と学んで行きます。生徒さんからは、「呼吸法の練習をしていたおかげで、陣痛が和らいだ」という素晴らしい体験談も頂きました。 特に初めての出産の時は誰だって不安になり緊張すると思います。でもヨガの練習を思い出して、呼吸を整えることで、冷静さを取り戻し、落ち着いて出産に望むことができるようです。どんな出産になろうと、人と比べず、冷静に受け入れ、素晴らしい幸せな体験として感じることができる。そんな気持ちの余裕をもヨガを通して学ぶことができます。肉体的にも、精神的にもとても良い効果があるんですね。

臨月に入って、「逆子かもしれない」ともしお医者さんに言われても、焦らず、あきらめないで下さい!
そんな時は腰周りと直結している足首を回して子宮をリラックスさせましょう!足首を暖めるのも効果的です!チャイルドポーズや、ダウンドッグのポーズ(床で行うのが辛ければ、手は壁に置いたり、工夫してみましょう☆)で深い呼吸を行うのも効果的です。即効性があるのはお灸とも言われています。
日本にいる私のお友達のプレママさんも「逆子」とお医者さんに言われたそうですが、この足首回しを行ったお陰で、なんと逆子が戻ったそうです。 他には好きな映画をみて、泣いたり笑ったり、旦那様から抱きしめてもらったり、心が喜ぶことをすれば、子宮の緊張もとれ、赤ちゃんも動きやすくなり、正常な位置に戻ろうとしてくれるものです。

幸せなプレママさん達との写真です。ああ、Peacefull
真ん中の和美さんは無事出産を終えられ、幸せな近況を報告して下さいました
幸せをShareして下さるヨガの生徒さんは私にとって皆エンジェルです

photo_20090826093644.jpg

Namaste,

Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.